初めて車を売る人の教科書

 

車を高く売る!車高額売却一括査定ランキング

 

 

 

 

車売りたい!

 

 

でも、どこに売ったら高く売れるのかわからないですよね

 

 

便利なサービスで簡単に車を高く売れます!

 

 

 ・少しでもでも高く売りたい!

 

   ・良い売り先をラクに見つけたい!

 

   ・手間なく簡単に高く売りたい!

 

   ・得をしたい!

 

   ・高く売って新しい車の足しにしたい!

 

という思いはあっても

 

  ・どこに売れば良いのかわからない!

 

  ・どうすれば高く売れるの!?

 

ってなりますよね。

 

何も知らないままに適当に車を売っても高く売れる事はありません
そんな事をしても、後悔しか残りませんよ?

 

でも、どこでどうすれば高く売るれるかなんて分からない!そんな人たちの為に
誰でも簡単に車を高く売れる業者を見つける事が出来るサービスをご提案します!

 

 

 

車売りたいなら、92万人以上が利用している大人気の車買取一括査定サービス

 

車を売りたい人の為に、安全で質が良い車買取一括査定サービスを3パターン紹介しています。
全て有名一括査定サイトで、運営歴も長いですから安心して車を売れますね!

 

 
車買取一括査定サービスは無料で簡単に売り先が見つかる
 

利用方法は簡単です。サイトにアクセスして3分程度の申し込みフォームの入力をするだけです。
あなたの住んでいる地域の優良買取店を自動で選んでくれます。
できるだけ沢山の買取店の買取価格を比較したほうが高く売るのに有利ですね。
誰でも簡単に出来る方法なので、ぜひ試して見てください!

 

 

 

 

安全・優良の一括査定サービスランキングを今すぐ確認したいならこちら!

 

 

 

 

 

車買取一括査定サービ利用の際の

5つの重要ポイント!

 

「無料で高く売れる?ホントなの?怪しくない?」
という人もいると思いますが、その点について。

 

 

  1.個人情報を入力するけど、悪用されたりしない?
     2.無料?料金を請求されたりしない?
     3.悪徳業者のトラブルに巻き込まれたりしない?営業はしつこくない?
     4.ホントに高く売れるの?
     5.一括査定を利用しないのはもったいない?

 

 

 

個人情報を入力するけど、大丈夫?

 

 

 

一括査定の申し込みには氏名・連絡先・住所と言った個人情報の入力が求められます。

 

 

「なんとなく、ネット上の無料サービスに個人情報を入力するのは不安・・・・」と思われる方も少なく無いでしょう。

 

ですが、ネットショッピングや無料アプリの利用で個人情報を入力するのも当り前の時代です。

 

一昔前はネットリテラシー(常識のようなもの)という考え方が社会に浸透しておらず、個人情報でのトラブルが話題になった時期がありました。

 

 

ですが、現代では社会全体が企業の個人情報保護に対して厳しくなっており企業側もSSL暗号化などの厳重なセキュリティ対策をするのが当り前になっています。

 

 

それに、当サイトでご提案している査定サイトは個人情報の取扱についての規約をキチンと公開している、素性が分かった信頼できる企業のサービスのみに厳選しています。

 

そもそも、

 

「どんな方法だろうが、相手に個人情報を渡さないで車を売る事は出来ません。」

 

車はそもそも届出や登録が必要な乗り物ですから、売買する時には個人情報が必須なんですね。

 

なので、一括査定を使おうが、直接お店に行って売ろうが、ディーラーに下取りして貰おうがどの道相手に個人情報を渡す必要があります。

 

それなら、少しでも高く売れる方法を試した方がいいですよね?

 

無料?料金を請求されたりしない?

 

 

一括査定サービスの利用料は完全に無料です。

 

無料と言っておきながら後で「利用料払え!」なんて事は絶対に言って来ないので大丈夫です。

 

国民生活センターにもそのような苦情が来ている事は確認できませんでした。

 

まず、一括査定サービスを使って金を取られた!なんて話は一度も聞いた事もないです。

 

そもそも、一括査定サービスを運営している企業は利用者からお金を取る必要がないんです。

 

理由としては、

 

 

・一括査定サービスを運営している企業が買取店からの紹介料を収益としている

 

    ・利用者を無料にした方がたくさん利用してもらえて買取店への紹介回数が増えて収益も増える

 

    ・利用者が無料の方が利用者が多くなるので登録したい買取店も増える

 

 

このように、むしろ無料にした方が運営企業側からしたら得なんですね。

 

私たち利用者は、高く売れる買取店探しが簡単にできて
買取店は車を売りたい人を紹介してもらえて
運営企業は紹介料で収入になる

 

という皆WIN-WIN-WINなサービスなんですね。

 

悪徳業者のトラブルに巻き込まれたりしない?営業はしつこくない?

 

 

悪徳業者は当サイトが提案している一括査定サイトには登録が出来ません。

 

査定サイト登録にも審査が有る上に、無料電話サポートも受けつけている為、仮に悪徳業者が入り込んでいて迷惑をかけられてもすぐに運営に通報できるようになっています。

 

なので、かなり悪徳業者は入り込みづらいです。

 

営業の電話がしつこくてイヤになった・・・・という話を聞く事もありますが電話の対処は非常に簡単です。

 

買取店は、査定依頼をしてもらったのだから本査定をする為の日程調整と車の状態のヒアリングの為に電話をかけてきます。

 

なので、

・電話がかかって来たらちゃんと出る
・査定の日程をすぐに決める

 

という事を依頼した買取店1店1店にちゃんと対応すればひっきり無しに電話してくる事はありません

 

車を売った後で、売らなかった業者から電話がかかってきても、

 

「車はもう売りました。価格ととどこに売ったかは約束でいえません」

 

と言えば、買取店の目的である「買取対象の車」が無い事が伝わるのでもう二度と電話はかかってきません。

 

実際、営業の電話がしつこい!と苦情を言ってる人はこの当り前の事が出来てない事がほとんどです。

 

普通に車を売ればトラブルにも営業電話にも悩まされる事はないでしょう。

 

電話で断るのが苦手!という人は、一括査定サービスの公式HPの問い合わせフォームから電話連絡を停めることができます。

 

ホントに高くうれるの?

 

売れます。一括査定の仕組み上、高く売れない事はほとんど無いでしょう。

 

実は買取店によって買取価格が全然違うってご存知ですか?

 

あるお店は「価値が無いから0円です」と言い

 

あるお店は「欲しかった車なので10万で買取する」と言ってもらえるという事が普通にあります。

 

買取店によって買取価格が違う理由は

 

・欲しい(仕入れたい)車が違う
・買取った車を販売するルートが違う
     ・扱いが得意な車が違う
     ・買取や販売に必要な経費が違う

 

という4つの違いによって買取価格に差が出ます。

 

だから、ホントにあなたの車を高く買い取ってくれる買取店を探そうと思うと数を当るしか方法が無いわけです。

 

この数を当るという事をまとめて簡単にしてくれるのが、一括査定サービスなんです。

 

あなたの地域で買取してくれるお店を比較して、1番高いとこを探せるわけですから高く売れないわけが無いですよね。

 

 

一括査定を利用しないのはもったいない

 

これだけ便利で簡単に高く買取してくれるお店を探せるサービスがあるのに、

 

「どこに売れば良いのか分からない」とか

 

「高く売るにはどうすればいいか分からない」

 

なんて言うのはあまりにももったいない話です。

 

 

冒頭にも買きましたが、車買取一括査定は車を高く売るのに有利なサービスです。

 

一括査定を使えば、高く売るのに”お店へのコネや個人売買のリスク”といったものが必要ありません。

 

誰でも簡単に車を高く売る事ができるんですね。

 

車が高く売れると高く売れた分だけ

 

 

・新しい車の購入代金に充てられる
     ・欲しかったあのオプションがつけられる
     ・新しい車で旅行に行ける
     ・ちょっと良い食事に行ける
     ・欲しかったものが買える

 

といった事ができますね!

 

+5万や+10万になる事は普通によくあります。
5万、10万余分にお金が入れば色々と出来ちゃいますよね。
 
一括査定に申し込みをしたら、
買取店と連絡を取って査定してもらい
高く買ってくれるお店に売るだけです。

 

 誰でも簡単に出来る事です。

 

車を売るのにこれほど便利なサービスはありませんので、
是非とも申し込んでみて、高く買取してくれるお店を見つけて
お得に車を売ってくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

↓最強のオススメ車買取一括査定サービス↓

 

 

 

 

1.王道!100万人以上!ド定番なズバット車買取比較

 

 

 

  • 利用者数100万人突破!
  • 王道の一括査定サービス!
  • 登録買取店は200社以上!

 

 

東証一部上場企業でもある潟Eェブクルーが運営する利用者が100万人を超えた大人気一括査定サイトです。

 

入力フォームも分かりやすく工夫されておりたった1分で申し込みが出来る簡単さが人気です。

 

運営歴も長く、長年ユーザーから支持されている優良一括査定サービスです。迷ったらコレ!という定番サイトです。

 


 

 

 

2.売却相場がすぐにわかる!かんたん車査定ガイド

 

 


 

 

  • 申し込み後、いくらで売れそうかすぐにわかる!
  • 厳しい審査を通過したJADRI会員買取店を含む50社以上登録!
  • やっぱり売りたくない!簡単にキャンセルができる問い合わせフォーム!

 

 

申し込みがわずか45秒で出来る上に、申込後すぐにいくらで売れるか?売却相場が膨大なデータを元に計算され表示されます。

 

登録買取店は厳しい審査で有名なJADRIの会員が多くて安心です。すぐにいくらで売れるか知りたい人と安心感を求める人にぴったりのサイトです。

 

 


 

 

3.3000店以上の圧倒的加盟店の多さ!カーセンサー

 

 


 

 

  • CMでもおなじみで知名度バツグン!
  • 運営は安心の超大手企業リクルート!
  • カーセンサーが独占している買取店がある!
  • 加盟店3000店以上と業界最多!

 

 

CMでもお馴染みの中古車情報誌を30年以上の続けているカーセンサーです。

 

誰もが知っている大手企業のリクルートが運営しています。

 

中古車業界に長いだけあって独自のコネクションがあり、カーセンサーが独占している買取店もあります。

 

買取店加盟数も業界最多の3000店舗から同時に30社まで査定できます!

 

より色々な買取店から査定して貰えるので一番高く買い取ってくれるお店を探しやすいです。

 

 

 

 

 

 

車を高く売りたいという願いを叶えるためには・・・・?

 

行動しないと何も始まらない!

 

何もせず待っているだけでは時間が過ぎてどんどん車の価値がなくなっていきます・・・・・

 

もう一度読んで検討してみる⇒ 車売りたい!便利なサービスで簡単に高く売れる!

 

 

3シリーズ

平均価格 300万円

BMWの中核となっているモデルです。このセグメントは他のメーカーでいうとCクラス、A4と競合も強く、激戦のクラスです。

 

その中でもBMWらしさを誇っている3シリーズ。

 

FRの駆動に加えエンジンのレイアウトをより中央に配置することで、駆け抜ける喜びが感じられる1台に仕上がっている車です。

 

X3

平均価格 500万円

X3はBMWのSUVです。

 

8速オートマの直列4気筒エンジン2000ccのエンジンが主流です。

 

SUVですと燃費が悪いイメージがありますが、こちらもディーゼルエンジンの設定があり、カタログ数値ですが、18.6km/lという高燃費です。

 

また、X5と比べ、全長255mm、全幅85mm小さく、全体的に一回り小型に仕上がっていて最小回転半径もX5の5.9mに対し、X3は5.7mと小回りの効く乗りやすい車両になっています。

 

M3クーペ

平均価格 500万円

M3は3シーリーズのシャシーをベースにV8  4000ccのエンジンを搭載したハイスペックスポーツモデルになります。

 

新車で購入すると1000万円を超える価格となりますが、中古市場ですと、500万円前後で手に入れられることができます。

 

3シーリーズがベースとなっておりますので、ボディもコンパクトかつ軽量で、4000ccのエンジンを搭載しているということで、かなりパワフルなドライビングが可能な一台です。

 

6シリーズ

平均価格 500万円

6シリーズは、2ドアのクーペタイプ、4ドアのグランクーペタイプ、オープンのカブリオレタイプと種類が豊富です。

 

また、それらを新車で購入しますと、本体価格が1000万円?1500万円程度ととても高額な車両です。

 

そのような車両を中古車市場ですと、幅はありますが500程度で購入も可能です。

 

4ドア欲しいけどスポーティな車に乗りたいという方にはぴったりなモデルです。

 

Z4

平均価格 300万円

初代は2003年からデビューしており、中古市場の価格もとても幅があります。

 

100万円しないものも。Z4のデザインで特徴的なのは、フロントノーズが長いこと。

 

これはフロントエンジンにもかかわらず、車の中央にエンジンを持ってくるという事からこのようなデザインになっております。

 

中央にエンジンを持ってくることにより、前後比が50:50になり、バランスが取れ車が安定します。

 

アウターを羽織り、シートヒーターとエアコンを付け、真冬にトップをオープンにして走るも気持ち良いものです。

続きを読む≫ 2017/04/13 23:28:13

.ドイツ車の維持費のホントのところ

ドイツ車と聞いて最初にイメージ事は、車自体が高いという事と維持費が高いということではないでしょうか!?

 

確かに、10年?20年前のドイツ車を振り返りますと、エンジンの排気量も3000cc以上の排気量の車が多く、力で車を動かすイメージがとても強いです。

 

そして、ガソリンの種類もハイオク指定の車がほとんどです。

 

国産の車の排気量が1800cc平均だとすると、簡単な計算ですが、約1.7倍の燃費がかかっています。

 

また、10年?20年前までは整備の面を考えても、今のような部品調達のインフラが整っておらず、故障の場所によってはドイツ本国からその都度オーダーする必要があり、国産の車に比べ高いです。

 

しかし、現在のドイツ車は力を保持しながらエンジンのサイズを小さくするダウンサイジングの手法を取っており、1000cc?2000ccの車が主流になっております。

 

排気量が少なくなってもパワーは過給器により今までと変わらないものになっています。排気量が小さくなるメリットとして燃費がよくなります。

 

昔のドイツ車のイメージは、ガソリン1リッターあたり、5km程度走ればよかったのではないでしょうか。

 

それに対し、今は1リッターあたり、10km以上走る車が当たり前になっています。

 

結果、エンジンのダウンサイジングにより燃費が向上し、現在維持費は国産の車とほとんど変わらなくなっています。

 

故障頻度は国産車に比べて多い?

実際の経験で多いといえます。

 

国産の車から乗り換えたお客様で、今までこんな故障は無かったと言われることも多々あったことも事実です。

 

ドイツ車は、規定に定められた距離や年数に対し消耗品を整備し交換ををするとい考え方があります。

 

それを超えて走行し続けると、故障になる原因になりやすいです。

 

ただ国産の車は、そのような年数や距離を無視し走り続けても何の問題もない場合がありますが、突然大きな故障へと繋がることが多いように感じます。

 

どこの国の車も今は、コンピューター管理で故障診断を行なっていますが、大きな故障や事故を防ぐための、未然のアラートがなるようなシステムにもドイツ車はしっかりなっているため、神経質な日本人には気になってしまいますが、安心して乗れる車だと思っています。

 

国産車と比べると維持費はどう?

今は国産の車と維持費がほとんど変わらなくなっています。

 

新車で購入すると、メーカーにもよりますがメンテナンスのパッケージが車検前まで付帯しているところもあります。また、メンテナンスサイクルも伸びており、点検を小まめにするのが一番望ましいですが、メーカー指定では、3ヶ月や半年点検などはなく1年ごとの点検及び、オイル交換で問題ありません。

 

車検代においても、近年の車は低排気量及び軽量化により、車検にかかる基本の料金もやすいことから、国産とさほど変わらない金額で車検も受けることができます。

続きを読む≫ 2017/04/13 23:22:13

車を売っても確定申告は不要です

 
車を売って現金にしても利益が出てなければ所得にならないので確定申告は不要です。

 

車を売って利益がでるって?

 

車を売って利益が出る状態というのは、

 

購入価格<売却価格

 

という状態です。

 

つまり、

 

300万で購入した車を売ったら350万になった!という場合です。

 

普通に考えて新車を購入してすぐに売っても2割価値が減ってしまうというぐらいですからこういう事にはならないのはわかりますよね?

 

つまり、一般ユーザーは車を売っても確定申告は気にしなくていいという事です。

 

車を売って利益になる場合ってあるの?

 

車を売って利益になる場合というのは、

 

  • 車を転売目的で購入して高くうった
  • 中古車購入代行して、買値に手数料を乗せて売った
  • クラシックカーなどの相場の無い車を購入時の価格より高く売った
  • 個人売買で高値で売りつけた
  • ネットオークションで売ったら購入時の価格より高くうれてしまった

 

という事が考えられます。

 

けど、普通のユーザーはこんな事にはまずならないでしょう。

 

個人売買で高く売りつけるのもネットオークションで高く売るにも、まず購入価格より高く売れるという事はないと思います。

 

転売目的で入念なリサーチを重ねて安く競り落とし、高く売りぬけないと利益にはまずなりません。
普通に乗用として使うために購入して、いらなくなったから売るという場合に購入時より高く売れる事はないですね。

 

普通は利益になる事はまずない

 
考えてみてください。

 

中古にしろ新車にしろ、購入した価格より何年か使った後に高く売れる事ってあると思いますか?

 

まず、無いです。

 

だいたい、中古車販売店やディーラーは車の価値+利益を乗せて売っているんです。

 

その価格より高く売ろうとおもったら相当高く売らないといけません。

 

そんな価格で購入する人や業者なんてまず無いですよね。

 

なので、一般ユーザーが乗用で使っていた車を売って利益になるという事はまずありえないです。

 

車を売って現金化しても確定申告は不要

 

車を売って現金を得たら「所得になって確定申告が必要なのでは?」と思ってしまうかもしれませんが、
もともと資産価値のあった車を現金に替えただけなのであなたの総資産は変化してない(売った分むしろ減っている)ので、所得にはならないですから確定申告は不要です。

 

車を売って現金化しても利益が出ない限り所得にならないので確定申告は不要です。

 

 

続きを読む≫ 2017/03/13 23:35:13

残価設定ローンってご存知ですか?

車を購入する際にローンを組む時にこの残価設定ローンをディーラーからすすめられたよ、という方も多いのではないでしょうか。
それ以外の方にとってはあんまりなじみのない単語かもしれませんね。
これは簡単に説明しますと、購入する車のローンの支払い完了時に、ディーラーがその車を下取りする際の料金を「残価」として車両価格から差し引くといったちょっと複雑?なものです。

 

じゃあその残価っていくらくらいになるの?というとこれは基本ディーラーが決めます。

 

ただもちろん闇雲に決めているわけではなく、その車の車種やローンで設定した期間等によって大きく変わってきます。

 

数年後のその車の価値をこの段階で設定することになるため、その時になって、思ったより人気車種になっていることも考えられなくはないですね。本来高額で売れるのに・・・という事もなくはないです。

 

残価についてもっと詳しくお話しします。

ローンが終わったとき残価設定ローンを組んでいた場合どのような流れにんるのでしょうか。

 

主に3つの流れになるかと思います。

 

一つは購入した販売店で新車に乗り換えること。もう一つはその車を販売店に引き渡すこと。
この二つに関しては問題ないでしょう。下取り価格をローン設定時にすでにもらっているんですから、車を明け渡すことに問題はないかと思います。

 

ただ、もう一つのパターンが問題です。やっぱり明け渡したくない、買い戻したいというケースです。
理論上、ローン設定時に決めた残価がその車体の今の価値なのですから、それを払えば車は手元に残せると思われると思います。
実際その通りなんですが、その費用をローンで払うとなった場合、それに対してもあらたに金利がかかってきます。
結果、最終的な総支払額に関しては、当初考えていたよりも全然お得ではないということなんです。

 

このように、毎月の支払いが楽になるからとても良いシステムだわ!と簡単に飛びつくようなことはしないで、しっかりと計算をしてみてください。
今はインターネット上でも無数の残価設定ローンを簡単にシミュレーションできるページがいくつもあります。そういったサイトで必要な数値だけ入れればどれくらい得なのか、そんなのかがわかります。

 

そうはいっても便利に賢く使えば、実際に車の購入がしやすくなるのも事実です。

 

今は新車ディーラーだけではなく、中古車市場でも残価設定ローンを組んでくれる販売店が増えているようです。上手に活用しましょう。

続きを読む≫ 2017/03/13 23:25:13
1.audi A3sedan

もともアウディA3は、ハッチバックタイプしかありませんでしたが、約3年前待望のセダンタイプが登場しました。
日本でのジャストフィットコンパクトセダンになります。
例えば、A4セダン・Cクラス・3シーリーズとなると横幅が、約1900mm前後になり年配の方には懸念されがちです。
一方A3セダンは全幅がギリギリ1800mmを切るサイズに設定されており、このサイズを他社で探そうとしても見つかりません。
また、燃費がとても良いです。実体験で高速走行をした時、瞬間燃費にはなりますが22km/lを出すことも可能です。平均値も15?18km/lは出るのではないでしょうか。

 

2.フォルクスワーゲン パサートセダン

フォルクスワーゲンの良さは何と言っても、コストパフォーマンスの高さです。
シンプルかつ、走行性能を高めた車作りをしています。センターのナビ画面の他に、コックピット内のスピードメーターなどが液晶かされており、そこでもナビを表示することが可能です。
また、アダプティブクルーズコントロールや、リアも人や車に反応しブレーキをかけてくれる、前後の安全機能が充実しております。
そして、価格はアウディA4と比べてもお求め安い価格設定になっています。

 

3.ジャガー XE

全世界をみても評価はとても高いメーカーです。
近年モデルチェンジや新しいモデルを投入しているデザインは近代的なデザインで、尚且つ壊れにくい車と仕上がってます。
ジャガーにDセグメントのクラスは今までありませんでした。XEが登場することにより、ジャガーという高級車が少し身近に手に入れらるようになりました。

 

 4.メルセデスベンツ Cクラス

輸入車セダンで忘れてはいけないのは、Cクラスでしょう。
昔から不動の人気を誇っているモデルです。
デザインの不人気により、一時期低迷はしておりましたが、ダイナミックなメルセデスベンツのマークをフロントに設置し、最近では必需品となっているアダプディブクルーズコントロールやリヤのセンサー、人を感知するカメラの設定など、まとめてパッケージングにして買いやすくしています。
ブランドイメージも不動の人気です。

 

5.Porsche Panamera

Panameraがデビューした当初は、ポルシェに4ドアセダンなんて邪道だという人は少なくありませんでした。
しかし、今ではPanameraを見る目が変わっていると思います。
それは、実際に乗ってもフォルムを見ても分かります。しっかり911のDNAが引き継がれているのです。
ドライバーを楽しませてくれる車なのです。

 

車を買い替えるなら、今のってる車を少しでも高く売ればお得に買うことができます。
 
車を高く売るなら一括査定で複数の買取店に査定してもらって査定額を比較しましょう。

 

一括査定はコチラ

続きを読む≫ 2017/03/13 23:16:13

普通車を売る為に必要な書類はこれ!

 

 

 

・自動車検査証(車検証)

車検症はご存知ですよね?常に車の中に入れておかなくてはならないので、探す必要はないかと思いますが、見当たらなければ運輸支局で再発行をしてもらいましょう。

 

・自動車税納税証明書

例年5月中に収める自動車税ですが、しっかりと納めていればこの書類が送られてきているはず。もしないようであれば自動車税を支払っているか確認し、支払われているにもかかわらず見当たらない場合は各都道府県の税務署で再発行してください。

 

・実印

委任状や譲渡証明書に捺印する印鑑は実印 市区町村への登録が必要
発行されてから3か月以内
「委任状」であったり「譲渡証明書」に捺印する必要があり、そのときに使用します。
3か月以内に発行された「印鑑証明書」に登録された実印が有効になります。
各市区町村の役所で登録が可能です。

 

・印鑑証明書

その印鑑ががしっかりと市区町村に登録された正式な「実印」であるという事を証明するもの、行政が認めたという証拠になります。有効期限があり、発行して3か月以内のものを用意してください。
発行は市区町村の役所の窓口にて可能です。買取時も必要です。

 

・自賠責保険証

車検の度に加入の手続きを行います。ようするに「強制保険」のことで、これがないと車検が取れませんので、必ず持っているはず。
ない場合や、期限が切れている場合は今の車に乗っているのも無車検でのっているかもしれませんので要注意。
紛失の場合は自賠責保険加入の保険会社に相談してみましょう。

 

・自動車リサイクル券

自動車リサイクル法というのがあり、自動車メーカー等にリサイクルを義務付ける法律のことで2005年1月に開始されました。リサイクルにかかる処理費用に関しては車を所有するものが支払う事とされています。
リサイクル券とはその際のリサイクル料金を支払いましたということの証明になります。こちらも車検証などといっしょにまとめられていることが多いですがない場合は「自動車リサイクルシステム」のホームページにて代わりになるものを印刷することが可能です。

 

スムーズな取引の為にも書類はあらかじめ揃えておこう 

 

 

様々な書類が必要になることを説明しました。

 

中には常時持っているものから各機関に赴き発行してもらう必要のあるものもあります。

 

売却の直前になって一から書類をそろえるようでは大変です。

 

スムーズな取引をする為に、あらかじめこういった書類を集めておきましょう

 

車を高く売る方法を知っていますか?
 
車を高く売るには買取店選びが重要です。
 
買取店選びには、一括査定が便利です。

 

一括査定の詳細はこちらから

続きを読む≫ 2017/03/13 23:05:13

車を売る時は車のキズやヘコミを修理すると赤字になる

 

 

 

買取の査定に出す際に、車の傷やへこみが気になる方は多いでしょう。

 

できるだけしっかりと直しておきたいという気持ちでしょう。
確かにそういった傷であったりへこみ、またはサビなどといったものは、査定において不利なことは間違いありません。

 

いままでの思い出が詰まった大事な愛車を買取してもらうのですから、汚れや傷もなくできるだけきれいな状態で高く買い取ってもらいたいことでしょう。

 

それでは、そのために全ての傷などを業者で完璧に直してもらってから査定にかけた方がいいのでしょうか??
様々な条件で当然答えは変わってきますので一般論でいうと、答えはNOです。必要ありません。

 

一番の理由は単純で、全ての傷、へこみを業者で修理しても、その修理費以上の査定の上乗せはほとんど期待できないからです。ようするに修理代金の方が高くつく、ということですね。

 

ではどうしたらいいのでしょうか?

 

車いじりが趣味でかなり詳しい方に関しては、ほんのちょっとの傷くらいなら自分で何とかできるかもしれません。

 

それでも、わずかな傷程度にしておいた方が無難です。プロの習熟した鑑定士が見ればほとんどの修理を見破られてしまうからです。それによって査定額がむしろ下がることもあります。

 

そもそも査定においては1センチに満たないごく小さい傷についてはないものとするルールがありますので、下手になおした後などを見て、汚れとしてとらえられてしまい査定額が下がる事もありますので、非常にリスキーです。

 

初心者は間違いなく手をつけない方がいいでしょう。

 

小さい傷なら無視して大きめのものは修理業者に見積もり依頼→買取業者に「この傷なくしたらいくら増額する?」と確認し得になりそうなら修理して査定でもいいかもしれませんね。手間がかかりますが。

 

車を売る時はそのまま売るのが一番お得

 

 

 

今お伝えしたように、車を売却する時は基本的には何も手を加えずに出した方がいい結果になりそうです。

 

また、大きな事故などがあり大幅な修理を行った場合などはもちろん、取り繕う事を考えるよりも自ら細かい事まで報告して担当者と信頼関係を築くことも結果的に高い査定に繋がることも考えられます。

 

査定スタッフも人の子です。誠意ある対応をこちらがしていれば、少なからずだまして査定額を下げるようなことはしないはずです。

 

傷や凹みがある車を売る時には買取店選びがより重要になります。
 
高く買取してくれる買取店を見つけるには、一括査定を使うと見つけられます。

 

一括査定についてはこちらで詳しく解説してます。

続きを読む≫ 2017/03/13 22:56:13

最も高く売れ易いのは決算月の3月を控えた2月

 

 

 

車がたくさん売れる時期は何月くらいかお分かりですか?

 

ディーラーの決算月である3月と、世間一般のボーナス月の9月や10月あたりになります。

 

新車の発売であったりマイナーチェンジなどもこの時期に合わせて行われる事が多いです。

 

この時期に大きな売り上げが期待できるのは何も新車だけではありません。当然中古市場もにぎわいを見せます。

 

いざ一番売れる3月に在庫がなくなってしまっては業者としてはもったいないわけです。だから在庫を確保する意味で2月には多少高くても大量に車を買い取りたい、という原理です。

 

年始のキャンペーンも高く売れ易い

前章でも書きましたが、ディーラーの決算時期は3月です。この時期に新商品発売の流れは説明した通りです。

 

この決算に合わせてディーラーはキャンペーンを展開してガツガツ車を売ってきます。そのキャンペーンにつられてお客さんの購買意欲がどんどん高まっていきます。

 

なんせ新車がキャンペーン価格でお手ごろに購入できるチャンス!とばかりに購入を検討するわけです。

 

購買意欲の高まったお客さんは、最終的には新車だけではなく、中古車も狙うわけですね。ですからそれまでに中古車業者は売れそうな車をドーンと十分な量展示したいんです。だから年始は車が高く売れやすい時期でもあるんです。

 

8月は夏のボーナスキャンペーンで高く売れ易い

ボーナスの後はやっぱり車は売れやすいです。なんせ大金を持っていますから。

 

この時期は業者側も購入者側もそれぞれ動きがあります。

 

販売業者は9月の中間決算に合わせて8月にボーナスキャンペーンを展開する店も多いため、この時期に売却を検討した方がいいでしょう。7月から8月あたりを狙ってみましょう。

 

車の価値は日に日に減っていく、最も高く売れる可能性が高いのは”今”

 

 

 

車は日々、買ったその日から徐々に価値が低下していきます。

 

買った瞬間に新車から中古になり、そこからどんどん売却価格が減っていくのです。

 

これまでいくつか、高く売却できる可能性のある時期などについてお話してきましたが、だからといって必ずしも売却時期をそういったタイミングまでずらことが最善とは言えないのです。

 

そのような意味から、その車の価値が現状がMAXなのだから今のうちに売った方がいい!という考え方も一理ありますね。
 
高く売れる時期に加えてさらに大切なのは、高く売れる買取店に売る事です。

 

車を高く買取店を見つけるには一括査定が便利です。

続きを読む≫ 2017/03/13 22:43:13

 

軽自動車を売る為に必要な書類一覧

・自動車検査証(車検証)

車検は当然ご存知だと思いますが、常に車の中のダッシュボード等に入れておかなければならないものです。義務ですね。そのため探す必要はないかと思いますが、万が一紛失している場合は、今すぐに運輸支局に行って再発行の手続きをしてください。

 

・軽自動車納税証明書

毎年必ず5月中に納めなければいけない軽自動車税ですが、しっかりと正しく納税ができていましたらこの書類は問題なくお手元にあると思います。仮に手元に見当たらないようでしたら、きちんとあなたが自動車税を支払っているかをもう一度確認しましょう。
支払われているのにどうしても見つからない時は各都道府県の税務署で再発行できますので各窓口でご相談ください。

 

・認印

普通自動車は実印が必須ですが軽自動車は認印で大丈夫です。そのため印鑑証明も必要ありません。
お店で自動車検査証記入申請書などに捺印するために必要です。

 

・自賠責保険証

車検を受けるたびに加入のお手続きをしていきます。言いかえれば「強制保険」を意味し、なによりこれがないと車検を取得できませんので、必然的に必ず所有しているはずです。
持ってない場合や、期限がすぎているようであれば、その車にはもしかしたら無車検の状態で乗ってしまっているかもしれませんよ、要注意です!
ちなみに無車検がばれると違反点数12点でそく免許停止で、意図的で悪質と取られたら交通刑務所行きもあり得ます!
紛失の場合は急いで自賠責保険加入の保険会社に相談してみましょう。

 

・自動車リサイクル券

自動車リサイクル法という法律があり、自動車メーカー等にリサイクルを義務付ける法律のことで2005年1月に開始されました。リサイクルにかかる処理費用に関しては車を所有するものが支払う事とされています。

 

リサイクル券とはその際のリサイクル料金を支払いましたということの証明になります。

 

こちらも車検証などといっしょにまとめられていることが多いですが、ない場合は「自動車リサイクルシステム」のホームページをご覧いただき、証明になるページを印刷してください。

 

スムーズな取引の為にも書類はあらかじめ揃えておこう

車の売却には本当に多くの書類が必要ですね。

 

これらの書類を集めるのは面倒だと思いますか?

 

でも、しっかりとルールを守っていればそこまで大変な手間にはならないはずです。

 

常に持っていなければならないばかりですが、手元になかった場合は各機関に言ってわざわざ手続きをしなくてはなりません。

 

売却の直前になってあれがない、これがないと大忙しになってしまう前に、事前にしっかりと書類を集めておきましょう。

 

車を高く売る方法を知っていますか?

 

売る方法を知らないと大損をしてしまうかもしれませんよ?

 

特に最近軽自動車の需要が増えていて、高価買取できる可能性が上がっています。

 

高く売れる方法はこちら

続きを読む≫ 2017/03/13 22:08:13

 

長所その1・下取りは手間がかからない

 

新車を購入する際に今のっている車を下取りしてもらう事ができますね。

 

これはとっても楽なのでいつもそうしている、という方も多いのではないでしょうか?
確かに車の購入と売却、それぞれとっても大変で時間と労力を必要とします。

 

この二つが1つのお店で同時にできるんですから楽ですよね。

 

新車購入と売却が同時に、スムーズにならなければ車がなかったり、逆に2台あって維持費も2倍なんて事になりかねません。

 

こういった作業に時間を割くことができない忙しい方なんかは下取りを活用すると時間が非常に短縮されますよ。

 

長所その2・次の車の値引き額を引き上げてくれるかもしれない

 

ディーラーは下取り車での購入の場合は、値引き額と下取り費等々を“丸めて”提示してくることが良くあります。

 

そうすることによってディーラー側に様々なメリットが当然あるのですが、可能性として、下取り車が人気車であったり良く売れる車種であればそれを中古車として販売できますのでそちらでの売り上げも期待できると同時に、本来の目的である新車の購入もしてもらえいわゆる「二度おいしい」のです。

 

そのためディーラーも両方の目的を達成するために車を大きく値引きしてくることは大いに考えられます。
注意事項としては、“丸め”にすることで値引き額と下取り額がはっきりせず、単純に下取り額を適正額に上げた分を値引き額としているだけかもしれないということです。

 

短所その1・売却価格が安くなる

 

下取り車は安く叩かれるというイメージがあり、基本的にはそのイメージは間違っていません。

 

もうそのお店で車を購入するつもりで、なお且つ売却までしようと決めているお客さんの下取り額をそこまで上げる必要はないからです。
また、車に詳しい方や相場を良く知っている方は概ね車の売却は買取店を使います。

 

そのため単に楽だからと下取りを無条件で使ってくるような女性のお客さんなんかは、販売店から見たら恰好のカモなんです。

 

カモだとわかればわざわざ高額査定を提示しないですよね?

 

短所その2・他社メーカーの車だと安くなる

 

そもそも今の車のメーカーと、次に買う車のメーカーが異なるような場合でも下取りってしてもらえるのでしょうか?

 

答えは、メーカーが違っても下取りしてくれます。

 

メーカーのディーラーは自社製品だけしか取り扱っておらず、他社製品には厳しいのでは?

 

というイメージがありますが、実際には中古車ショップやオークションで売却したりすることでしっかりと利益を出していますので心配ないんです。

 

ただ、買い取り額は自社製品と同様に、とはいかないようです。

 

それは下取り額が安いというわけではなく、自社製品の買い取り額が高いとのこと。そうすることでずっと自社の車を購入してくれますからね。

 

下取りは手間がかからないが金額が安くなる

 

このように、確かにタイミングや車の相場に対する知識や経験などによっては下取りによって交渉を有利にすることも可能ですが、素人さんには実際は難しいところ。

 

下取りは楽チン!それだけで大きなメリットですので、割り切ってお願いしてしまう事も一つですね。

 

下取りよりも高く売りたいなら、一括査定で高く売れます。
 
高く売る方法はコチラで紹介しています。

 

 

続きを読む≫ 2017/03/13 21:57:13