車売りたいです!便利なサービスで簡単に高く売れる!

車の売り方は知らず知らずのうちに損をしてしまっている事があります。

 

そのまま損をしている事に気がつかない人もいますが、後か気がついて後悔する人も沢山います。

 

ありがちな車売却の失敗パターンとそのパターンになってしまわないように未然に防ぐ方法を見ていきましょう!

 

あなたは、後悔したくないですよね?

 

いまの車を下取りに出して損をした!

 

下取りははっきり言って損です。

 

買取店の買取相場とディーラーでの下取り相場ではなんと10%以上も違うことが多いです!

 

自分の車の買取相場と下取相場を調べてみる

 

↑のサイトであなたの車の相場を見てみてください。

 

下取りと買取の差が大きくてびっくりすると思います。

 

高く下取りしてもらったけど、値引きが少ないと後で気がついた!

 

新車を買った友人の話ですが、こんなことがありました。

 

※購入した車はマツダ デミオ 売却した車はホンダ ライフ です
※金額は大雑把にしてますがリアルな金額です。

 

友人はディーラーで新車を買う際に今乗っている車の下取りをお願いしました。

 

車のグレードやオプションなどを決めて、下取り価格も決まり値引き交渉へとトントンと進んでいったそうです。

 

友人は「いくら安くなりますか?」と値引きを要求した結果営業マンから「オプションと車体価格合計で15万円値引きします!」と言われました。

 

もっと安く買いたい友人は、「もう一声安くしてくれたら契約する」と交渉の詰めとして最後の値引き要求をしたそうです。

 

そして、営業マンが「ん〜、ちょっと上司と相談してきていいですか?」と事務所へ引っ込んでいきました。

 

数分後、営業マンがて帰って来て「すいません!値引きはもうどうしても無理です・・・・本部からダメって言われたみたいです・・・・・・なので!どうにか頑張って下取りを10万から20万に上げさせてもらいます!これがウチで出来る限界です!」

 

と、値引きは変わらずでしたが下取りとして提示されていた10万円を倍の20万円にしてもらえたそうです。

 

下取りが倍になって喜んだ友人はすぐに契約してしまったそうです。

 

・・・・・どうでしょう?一見友人は上手に交渉してお得に新車を購入したように見えますよね?

 

ですが、実はコレ損をしているんです!

 

友人は納車後、冷静になって値引きと買取の相場を調べたそうです。

 

すると、購入した車種の平均の値引き額は25万円で今まで乗っていた車の買取店での買取相場は平均30万だったんです!

 

値引き15万→25万 車の売却 20万→30万

 

平均よりかなり低い金額の値引きと下取りになってしまっていました・・・・・

 

友人は合計で20万も損をしてしまっていたんです!
納車後なので、もうどうしようもないですから次車を買い替えるときは気をつけようと思ったそうです。

 

こうやって防げ!

 

新車の購入を考えている人がこのようなケースで損をするのを防ぐには以下のようにしましょう。

 

・値引きの平均金額を調べておく
・下取りに出さなず、買取店に売る

 

 ・値引きの平均金額を調べておく

 

クチコミでいくら値引きしてもらえたのか?という事を投稿出来るサイトがあります。

 

 

このサイトを見て買いたい車種が平均でどのくらい値引きされているのかをチェックしておきましょう。

 

どこのディーラーでも平均額程度の値引きならしてくれます。

 

調べた金額を基準に値引きを交渉すれば、損はしません。

 

・下取りに出さず買取店に売る

 

下取りという売り方は、

 

「楽だけど、高くは売れない」

 

という事を覚えておいてください。

 

下取りだと高く売れないのには理由があります。

 

下取りが高く売れない理由

 

・下取りは中古車市場相場を無視した金額
・ディーラーは下取りした車を高く売るルートを持っていない
・中古車の買取が本業ではない

 

下取りに出すより、買取店に売った方が高く売れます。

 

買取店に売る方が高く売れる理由

 

・買取店は中古車市場相場を基に金額を決める
・高く売るルートを持っている
・中古車の買取が本業で買取らないと仕事にならない

 

 

買取店に売るほうが下取りに出すより、10万以上高く売れる事は珍しくないです。

 

お得に新車を買うなら、買取店に車を高く売るといいでしょう。

 

 

どこに売ればいいの?と疑問ならコチラ
 
高く売る店を知りたいのならコチラ