下取り前にチェック!車下取りの長所と短所

 

長所その1・下取りは手間がかからない

 

新車を購入する際に今のっている車を下取りしてもらう事ができますね。

 

これはとっても楽なのでいつもそうしている、という方も多いのではないでしょうか?
確かに車の購入と売却、それぞれとっても大変で時間と労力を必要とします。

 

この二つが1つのお店で同時にできるんですから楽ですよね。

 

新車購入と売却が同時に、スムーズにならなければ車がなかったり、逆に2台あって維持費も2倍なんて事になりかねません。

 

こういった作業に時間を割くことができない忙しい方なんかは下取りを活用すると時間が非常に短縮されますよ。

 

長所その2・次の車の値引き額を引き上げてくれるかもしれない

 

ディーラーは下取り車での購入の場合は、値引き額と下取り費等々を“丸めて”提示してくることが良くあります。

 

そうすることによってディーラー側に様々なメリットが当然あるのですが、可能性として、下取り車が人気車であったり良く売れる車種であればそれを中古車として販売できますのでそちらでの売り上げも期待できると同時に、本来の目的である新車の購入もしてもらえいわゆる「二度おいしい」のです。

 

そのためディーラーも両方の目的を達成するために車を大きく値引きしてくることは大いに考えられます。
注意事項としては、“丸め”にすることで値引き額と下取り額がはっきりせず、単純に下取り額を適正額に上げた分を値引き額としているだけかもしれないということです。

 

短所その1・売却価格が安くなる

 

下取り車は安く叩かれるというイメージがあり、基本的にはそのイメージは間違っていません。

 

もうそのお店で車を購入するつもりで、なお且つ売却までしようと決めているお客さんの下取り額をそこまで上げる必要はないからです。
また、車に詳しい方や相場を良く知っている方は概ね車の売却は買取店を使います。

 

そのため単に楽だからと下取りを無条件で使ってくるような女性のお客さんなんかは、販売店から見たら恰好のカモなんです。

 

カモだとわかればわざわざ高額査定を提示しないですよね?

 

短所その2・他社メーカーの車だと安くなる

 

そもそも今の車のメーカーと、次に買う車のメーカーが異なるような場合でも下取りってしてもらえるのでしょうか?

 

答えは、メーカーが違っても下取りしてくれます。

 

メーカーのディーラーは自社製品だけしか取り扱っておらず、他社製品には厳しいのでは?

 

というイメージがありますが、実際には中古車ショップやオークションで売却したりすることでしっかりと利益を出していますので心配ないんです。

 

ただ、買い取り額は自社製品と同様に、とはいかないようです。

 

それは下取り額が安いというわけではなく、自社製品の買い取り額が高いとのこと。そうすることでずっと自社の車を購入してくれますからね。

 

下取りは手間がかからないが金額が安くなる

 

このように、確かにタイミングや車の相場に対する知識や経験などによっては下取りによって交渉を有利にすることも可能ですが、素人さんには実際は難しいところ。

 

下取りは楽チン!それだけで大きなメリットですので、割り切ってお願いしてしまう事も一つですね。

 

下取りよりも高く売りたいなら、一括査定で高く売れます。
 
高く売る方法はコチラで紹介しています。