軽自動車を売る為に必要な書類一覧

 

軽自動車を売る為に必要な書類一覧

・自動車検査証(車検証)

車検は当然ご存知だと思いますが、常に車の中のダッシュボード等に入れておかなければならないものです。義務ですね。そのため探す必要はないかと思いますが、万が一紛失している場合は、今すぐに運輸支局に行って再発行の手続きをしてください。

 

・軽自動車納税証明書

毎年必ず5月中に納めなければいけない軽自動車税ですが、しっかりと正しく納税ができていましたらこの書類は問題なくお手元にあると思います。仮に手元に見当たらないようでしたら、きちんとあなたが自動車税を支払っているかをもう一度確認しましょう。
支払われているのにどうしても見つからない時は各都道府県の税務署で再発行できますので各窓口でご相談ください。

 

・認印

普通自動車は実印が必須ですが軽自動車は認印で大丈夫です。そのため印鑑証明も必要ありません。
お店で自動車検査証記入申請書などに捺印するために必要です。

 

・自賠責保険証

車検を受けるたびに加入のお手続きをしていきます。言いかえれば「強制保険」を意味し、なによりこれがないと車検を取得できませんので、必然的に必ず所有しているはずです。
持ってない場合や、期限がすぎているようであれば、その車にはもしかしたら無車検の状態で乗ってしまっているかもしれませんよ、要注意です!
ちなみに無車検がばれると違反点数12点でそく免許停止で、意図的で悪質と取られたら交通刑務所行きもあり得ます!
紛失の場合は急いで自賠責保険加入の保険会社に相談してみましょう。

 

・自動車リサイクル券

自動車リサイクル法という法律があり、自動車メーカー等にリサイクルを義務付ける法律のことで2005年1月に開始されました。リサイクルにかかる処理費用に関しては車を所有するものが支払う事とされています。

 

リサイクル券とはその際のリサイクル料金を支払いましたということの証明になります。

 

こちらも車検証などといっしょにまとめられていることが多いですが、ない場合は「自動車リサイクルシステム」のホームページをご覧いただき、証明になるページを印刷してください。

 

スムーズな取引の為にも書類はあらかじめ揃えておこう

車の売却には本当に多くの書類が必要ですね。

 

これらの書類を集めるのは面倒だと思いますか?

 

でも、しっかりとルールを守っていればそこまで大変な手間にはならないはずです。

 

常に持っていなければならないばかりですが、手元になかった場合は各機関に言ってわざわざ手続きをしなくてはなりません。

 

売却の直前になってあれがない、これがないと大忙しになってしまう前に、事前にしっかりと書類を集めておきましょう。

 

車を高く売る方法を知っていますか?

 

売る方法を知らないと大損をしてしまうかもしれませんよ?

 

特に最近軽自動車の需要が増えていて、高価買取できる可能性が上がっています。

 

高く売れる方法はこちら