車を買取してもらう時には凹みやキズの修理をしない方が良い

車を売る時は車のキズやヘコミを修理すると赤字になる

 

 

 

買取の査定に出す際に、車の傷やへこみが気になる方は多いでしょう。

 

できるだけしっかりと直しておきたいという気持ちでしょう。
確かにそういった傷であったりへこみ、またはサビなどといったものは、査定において不利なことは間違いありません。

 

いままでの思い出が詰まった大事な愛車を買取してもらうのですから、汚れや傷もなくできるだけきれいな状態で高く買い取ってもらいたいことでしょう。

 

それでは、そのために全ての傷などを業者で完璧に直してもらってから査定にかけた方がいいのでしょうか??
様々な条件で当然答えは変わってきますので一般論でいうと、答えはNOです。必要ありません。

 

一番の理由は単純で、全ての傷、へこみを業者で修理しても、その修理費以上の査定の上乗せはほとんど期待できないからです。ようするに修理代金の方が高くつく、ということですね。

 

ではどうしたらいいのでしょうか?

 

車いじりが趣味でかなり詳しい方に関しては、ほんのちょっとの傷くらいなら自分で何とかできるかもしれません。

 

それでも、わずかな傷程度にしておいた方が無難です。プロの習熟した鑑定士が見ればほとんどの修理を見破られてしまうからです。それによって査定額がむしろ下がることもあります。

 

そもそも査定においては1センチに満たないごく小さい傷についてはないものとするルールがありますので、下手になおした後などを見て、汚れとしてとらえられてしまい査定額が下がる事もありますので、非常にリスキーです。

 

初心者は間違いなく手をつけない方がいいでしょう。

 

小さい傷なら無視して大きめのものは修理業者に見積もり依頼→買取業者に「この傷なくしたらいくら増額する?」と確認し得になりそうなら修理して査定でもいいかもしれませんね。手間がかかりますが。

 

車を売る時はそのまま売るのが一番お得

 

 

 

今お伝えしたように、車を売却する時は基本的には何も手を加えずに出した方がいい結果になりそうです。

 

また、大きな事故などがあり大幅な修理を行った場合などはもちろん、取り繕う事を考えるよりも自ら細かい事まで報告して担当者と信頼関係を築くことも結果的に高い査定に繋がることも考えられます。

 

査定スタッフも人の子です。誠意ある対応をこちらがしていれば、少なからずだまして査定額を下げるようなことはしないはずです。

 

傷や凹みがある車を売る時には買取店選びがより重要になります。
 
高く買取してくれる買取店を見つけるには、一括査定を使うと見つけられます。

 

一括査定についてはこちらで詳しく解説してます。