車売りたいです!便利なサービスで簡単に高く売れる!

新車を安く買いたいなら、今の車をどれだけ高く売るかがポイント

 

新車の購入は大きな買い物です。

 

なので、少しでも安く買いたいですよね?

 

ディーラーとの値引き交渉をするのはもちろんですが、
あまりしつこい値引き要求をすると今後のディーラーとの関係が悪くなるかもしれませんし、
何より気持ちのいい取引が出来ないですね。

 

元営業マンの話を聞いても
「正直、値引きがえげつないお客より気持ちよく取引させてくれたお客の方を何かと優先していた」
という事を言っていました。

 

それに、新車の値引き価格には当然限度があります

 

ディーラーも損してまで車を売りたくは無いわけですから利益が出ない金額まで値引きしたりしません。
なので、どんなに頑張ってもある程度のとこまでしか値引きは効かないんです。
 
少しでも安く買うなら値引きを頑張るより、今の車を高く売る事を考えた方がいいですね

 

 ディーラー以外に売って今の車の売却代を新車購入代に充てる3つのメリット

 

まず、車を高く売るならディーラーで売ってはいけません。

 

ディーラーでの下取りは安い金額にしかならない場合がほとんどです。

 

なぜなら、下取り価格を決めている中古車の下取り相場自体が買取相場よりも安い相場になっているからです。

 

元となる相場が 下取相場<買取相場 になっているのでどうしようも無いですね。

 

なので、ディーラーに売らずに違うところへ売るようにしましょう。

 

 

メーカーに関係なく売れる

 

ディーラーでの車の下取りの場合、他社の車の下取り価格はとても安くなります。

 

例えばあなたがホンダ車に乗っていてトヨタディーラーで次の車を買うとした場合、
今所持しているホンダ車をトヨタディーラーで下取りに出すことになります。

 

この場合、トヨタ車じゃないので今もっているホンダ車の査定はとても安くなってしまいます。

 

このような事態になるのはディーラーに限った話です。

 

その他の売り方でメーカーが問われることはまず無いですからメーカーを気にする事無く売る事ができます。

 

下取りの相場より高く売れる

 

ディーラーでの下取りは先に書いたように、安い相場になっています。
下取以外の売り方なら下取より高い相場で売る事ができますから下取りに出すより高い値段で売れます。

 

その分を新車購入代金に充てればその分安く新車が買えますね。

 

下取り価格を上げます!という営業テクニックを使えなく出来る

 

元営業マンに聞いた話ですが、下取する車があると新車の値引きではなく最初に提示した下取金額をより引き上げる事でお得感を演出し契約させるといった営業テクニックをよく使うそうです。

 

そして、良く使われるテクニックではありますが、その契約成功率は高くこの方法で8割の客が食いついて契約してくれるそうです。

 

下取金額を引き上げてくれるからいいじゃん!と思ったあなた

 

それがまさに術中にはまっています。

 

下取金額というのは、最初に安めに提示しておくのが当たり前です。

 

だから、金額を上げたからって相場に多少近づくだけですから対して得はしてないんです。

 

それよりも、目先のお徳感にだまされて新車の値引きを少しでもしないようにさせられては新車を安く買うことなんてできません。

 

 

ディーラー以外に売るってどこに売ればいいの?

 

 

ディーラー以外にうるなら 

 

・個人売買
・委託販売
・オークション代行
・中古車買取店専門店

 

という方法があります。

 

 

この中で特に中古車買取専門店に売るというのがオススメです。

 

この4つの売り方の中で一番低リスクでカンタンだからです。

 

 

高く買取りしてくれるイイ買取店の見つけ方

 

大手でいうと、ガリバーやカーチス、ビッグモーターなどが中古車買取専門店になります。

 

中古車買取専門店といってもどこ売っていいのかわからないと思います。

 

そこで、高く買取りしてくれるいい買取店を見つける事ができるWEBサービスがあるんです。

 

それが、一括査定サービスです。

 

一括査定サービスはWEB限定のサービスで、一度の申し込み複数の買取店に仮見積もりと出張査定を依頼できます。

 

実際に出張査定を受けて査定額を見て比較すればどこが一番高く買取してくれるかスグにわかりますね。

 

当サイトオススメの一括査定サービスはこちらです。